2ch就活まとめ

新卒・転職・社会人生活などを含め、就活・就職に関することをまとめてます。



1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/03/01(木) 03:25:50.123 ID:SyuyTSsu0
学歴フィルターとか言ってんの予約遅かっただけだろ…

【就活解禁日だけど都内中堅私大だけど学歴フィルター全部クリアできてワロタwwwwwwwwwww 】の続きを読む

1: ノチラ ★ 2018/03/01(木) 22:08:18.58 ID:CAP_USER
NHKが1日、定例の会長会見を都内の放送センター内で行った。一部で報じられた、スマートフォンを用いた記者職の職員の労働時間管理について、上田良一会長や報道局の担当者が説明した。

上田会長は「外勤の多い記者の勤務を正確に記録して健康確保につなげるため、報道局の一部の部署で試験的に導入しています。そういう意味では事実です」と報道を認めた。長時間勤務対策かとの問いに「そういうことです」と答えた。

 対象となっているのは報道局の一部で「記者職」だという。このため、職務の特性上、GPSを用いた位置情報を元に打刻を行うことから、「取材源の秘匿が守られないのではないか」という懸念が局内でもあったと明かし、「位置情報は打刻した時のみとする」、「24時間位置情報を記録するわけではない」という条件をつけて試験導入を始めたとした。

 具体的にどのタイミングで打刻するかについては、報道局の担当者が「通常の出勤の経路を外れた所で打刻をする考え方になっています」と説明した。記者職では、「朝駆け」と呼ばれる取材対象の自宅や宿泊地を訪問し、出発時に取材を行う手法があるが「取材先の家のまん前で打てと言っていることではありません」と強調していた。

 この担当者も上田会長と同じく、「勤務の始まりと終わりを把握して、休憩とかも全部含めた健康管理時間をもとに、健康確保措置をやっていくということです」と説明した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180301-00000087-dal-ent

【【企業】スマホで勤怠 NHKが試験導入 】の続きを読む

1: 豆次郎 ★ 2018/03/01(木) 03:47:11.36 ID:CAP_USER9
2018年3月1日 0:00

経団連に加盟する企業の会社説明会などの採用活動が1日に解禁となり、2019年卒業予定の大学生の就職活動が本格的に始まる。今年は大学3年生の夏からインターンシップ(就業体験)に参加するなど、学生の動き出しが早まっている。企業は説明会の開催やエントリーシート(ES)の締め切りを前倒しし、より早く学生との接点を持ちたい考えだ。

経団連の就活ルールでは企業の面接解禁は6月だが、就活の前倒しが進めば内々定・・・

続きは会員登録すると読めます
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO27507700Y8A220C1TJ2000

【【がんばれ】きょうから就活本番!、企業説明会など前倒し 】の続きを読む

1: ムヒタ ★ 2018/02/27(火) 05:35:41.64 ID:CAP_USER
2019年卒大学生を対象にした企業の採用活動で、IT(情報技術)人材の争奪が過熱している。人工知能(AI)やビッグデータの活用拡大が背景にあり、富士通は人材確保を重要戦略にリクルーターを2017年比4割増やした。学生に自社の魅力を直接伝える機会を増やす。IT人材の不足がより鮮明になる「19年危機」を前に各社が身構え始めている。

富士通はリクルーターを約3500人体制にし、後輩や知人でITに詳しい学生などを社員が会社側に紹介する。リクルーターが直接、自社の魅力を伝えたり、疑問に答えたりする。IT人材の獲得競争が激しくなるなか、「優秀な学生の取り込みにつなげる」(採用担当者)方針だ。

NTTデータは「IT技能に特に優れている」といった社員の推薦を、優秀な学生の採用に積極的に反映させる。従来の母校の研究室やゼミの後輩を会社説明会に招く手法だけでなく、社員の目をフル活用する。

ネット企業ではディー・エヌ・エー(DeNA)がすでに18年卒者の採用から、AIに詳しい学生に絞った採用活動を実施している。募集案内では「AIで実績のある人」と記している。入社1年目で年収が最大1千万円になる可能性もあるという。19年卒者対象でも「AI枠」を設定している。楽天は新卒でも「エンジニア職」を通年入社させることで海外留学していた学生などが応募しやすいようにしている。

各社の「IT人材」に厳密な定義はないが、ネットが重要な事業領域となりITに詳しい人手を少しでも多く確保したいとの思惑がにじんでいる。衣料品店「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングは、高度なデータ分析を担うデータサイエンティストなどの技術者採用に積極的だ。

経済産業省が16年にまとめたIT関連企業を対象にした調査によると、国内では15年時点でIT人材が約17万人不足しているという。19年には、IT産業への入職者が退職者を下回る逆転現象が発生する見込みで、30年には人材不足が約59万人にまで増える見通しだ。
2018/2/26 19:27
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27402590W8A220C1EA2000/

【【就活】IT人材不足「19年危機」 新卒争奪戦が過熱 】の続きを読む

このページのトップヘ