2ch就活まとめ

新卒・転職・社会人生活などを含め、就活・就職に関することをまとめてます。

入社後

1: 名無しさん@涙目です。(大阪府) [JP] 2018/10/23(火) 10:23:11.58 ID:nTRTpSbh0● BE:121394521-2BP(3112)
【年収1億円の習慣】
「負けれる人」こそが、年収1億円になる
「リーダー」の能力や資質に対して、「一流」「二流」「三流」とランク分けすることがあります。
かつて私は、「一流」が最上位だと思っていましたが、「ある人」と出会ったことで、「一流のさらに上」があることを学びました。一流の上にあるのは、「達人」の領域です。

●【三流】部下から馬鹿にされるリーダー
●【二流】部下から恐れられるリーダー
●【一流】部下から信頼されるリーダー
●【達人】部下に存在すら感じさせないリーダー(空気のような域に達したリーダー)

ある人とは、ソニー生命保険(株)の安藤国威(あんどう・くにたけ)名誉会長です。
安藤名誉会長は、ソニー株式会社の社長も歴任したほどの「スーパーVIP」です。
ところが、安藤名誉会長は、拍子抜けするくらい、「オーラ」を感じさせません。

ある会食の席で安藤名誉会長とお会いしたのですが、じつをいうと、会食が終わるまで、安藤名誉会長だとは気がつかずに、あとで、非常にびっくりしました。
存在感が薄い、というより、気配の消し方や身の引き方がうまいのだと思います。だから、まわりの人を萎縮させることがありません。

ソニー生命の幹部の方からうかがったのですが、安藤名誉会長は、最後は「自分が引く」ことを心がけているのだそうです。
意見を戦わせるときも、決して相手を論破しようとはしません。部下を打ち負かすリーダーのもとでは、人は育たないからです。
最後に必ず「自分が身を引く」ことで、相手の意見を受け止めているのです。

トップが「負ける」ことができる組織は、風通しの良い組織です。ゴリ押しをせず、引くときは引く。
「最後に負ける(相手に勝たせる)度量がある」からこそ、安藤会長は社員から信頼されているのだと思います。

全文はソースで

https://diamond.jp/articles/-/182539?display=b

【【年収1億円の習慣】「負けれる人」こそが、年収1億円になる 】の続きを読む

1: 名無し募集中。。。 2018/09/27(木) 13:55:49.93 0
一流の上司は、「社員」との飲み会を公式行事にする
普通の上司は、「外部の人」とお酒を飲むのが好き
三流の上司は、飲みに行かない


働き方改革が叫ばれている昨今、「飲みニケ―ション」は敬遠される傾向にある。
しかし、株式会社武蔵野(以下、武蔵野)を17年連続増収の優良企業に育て上げた、同社代表取締役社長の小山昇氏は、「わが社は、お酒が飲めない人は採用しない」と言い切る。
社員の反感を買いかねない発言だが、小山氏は「わが社の一体感は、自衛隊にも、警察にも、負けない自信がある」と胸を張る。
一見、時代に逆行した経営理念にも関わらず、なぜ武蔵野の社員は結束力があるのか? 小山氏に「人を動かすコツ」を聞いた。

(略)
わが社は、「お酒が飲めること」を重視しています。なぜなら、「よく飲む人ほど、よく出世する」からです。


(略)
私が武蔵野の社長に就任したころの「部長昇格試験」は、「1時間で42度の焼酎1本を2人で空ける」です。しかもロックで(笑)。
できれば部長。できなければ昇格見送りでした。

 お酒が飲めれば、バカなことも言えて、部下と本音のコミュニケーションがとれる。上司と部下のコミュニケーションがよいと、部下も成長します。

(略)

全文
https://www.sbbit.jp/article/cont1/35394

【優良企業の社長が正論「酒が飲めないなら採用しない、よく飲める人ほど出世する。飲み会は部下と上司のコミケーションの場だ」 】の続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2018/09/28(金)01:29:43 ID:yIV
給料安い
飲み会多い
QCサークルみたいな時間外活動強要
事業に将来性がない
残業多い
残業多いのに超勤手当は雀の涙
高卒が多くて大卒に対するあたりが強い
何かあるとすぐキレるやつが多い
設備がボロい
なんでもかんでも要件はまず電話みたいな意味不明ルール
メールに返信がこない
自分のことしか考えないやつばかり
男社会でがさつかつ臭い

【会社が糞過ぎるからやめたい】の続きを読む

このページのトップヘ