2ch就活まとめ

新卒・転職・社会人生活などを含め、就活・就職に関することをまとめてます。

その他

1: 名無しさん@涙目です。(アラビア) [ヌコ] 2018/06/18(月) 17:52:11.35 ID:Ka60k3eG0● BE:324064431-2BP(2000)
18日午前7時58分ごろ、大阪府北部で震度6弱の地震が発生。気象庁によれば、震源地は大阪府北部で震源の深さは約10キロ、マグニチュードは5.9と推定されている。月曜日の8時前という通勤・通学中の地震に、出社や帰宅できずに困っている人たちも少なくない。

しかし、それでも出社しようとする人に、ネット上では不安の声があがっている。

■「通常運転」に嘆くサラリーマンたち
地震による交通機関の遅れにより、運転再開を待ちきれずに路上を行き交う人が多く見られる。休校により帰宅する学生や、会社から自宅待機や帰宅を命じられたサラリーマンもいるだろう。

しかし、中には地震の影響も関係なく働く会社員もいるようだ。ツイッターでは「出社します…」「こんなときも働くのかよ」と嘆くサラリーマンたちの悲痛な叫びが相次いでいる。

■「日本の闇」を感じる声も
地震であろうと出社する「企業戦士」のサラリーマンだが、こういった声を受けてネット上では「きょう休まないでいつ休むのか」「日本人は働きすぎ」と不安を抱く声も。

■勤めている企業・組織はブラック?
地震でも通常営業の企業に「ブラック企業」「社畜」といった声が相次いでいる。働いている本人たちも、それを疑問に思いながらも労働に勤しんでいるのかもしれない。

しらべぇ編集部が全国20〜60代の有職者の男女747名に「自分が勤めている企業・組織」について調査したところ、約2割が「ブラックだと思う」と回答。

およそ5人に1人はブラック企業で働いていると自覚しているようだ。

地震のときにも働く勤勉な日本人たち。とはいえ、疑問の声もあがっている。はたして、この状況でも働くことが正しいといえるのだろうか。

https://sirabee.com/2018/06/18/20161673177/

【大阪地震でも出社するサラリーマンたちに「日本の闇」「社畜」と不安の声 】の続きを読む

1: ノチラ ★ 2018/06/14(木) 18:50:43.07 ID:CAP_USER
政府は国家公務員の兼業を正式に認める調整に入った。兼業をほとんど認めてこなかった従来方針を改め、NPO法人や非政府組織(NGO)などの「公益的活動」を目的とした兼業に限り認める方針。公務員の政策・法律の知見を民間でも活用し、地域の活性化につなげる。公文書改ざんなどの不祥事では内輪の論理も目立つ。民間で経験を積んだ、視野の広い官僚を育てる狙いもある。

 15日に未来投資戦略を閣議決定する。この中に兼…
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31765320U8A610C1MM8000/

【【社会】国家公務員の兼業、政府が容認へ 公益活動に限定 】の続きを読む

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/03(金) 11:44:49.739 ID:da9RWM5e0
条件1:子供ができること考えれば土日祝休み。盆と正月くらいは実家に帰りたい
条件2:今の派遣隣県まで通勤90分。もう住んでる近くで住みたい。
条件3:残業込みで総額月28万くらいあればいい

うーん

【派遣ぼく「正社員になりたい」 】の続きを読む

1: ばーど ★ 2018/06/13(水) 10:35:50.99 ID:CAP_USER9
「お祈りメール」を買取ってもらえる!


IT企業のアスレバは6月11日、「お祈りメール」を1万円で買い取るキャンペーンを開始した。対象は現在就職活動中でまだ内定がない大学生。インスタグラムかツイッターのフォロワーが200人以上で、買い取ってもらったらSNSに投稿することが条件となる。先着10人限定だ。

応募方法は同社提供のOB訪問マッチングアプリ「OBトーク」を通して、松尾遼代表にOB訪問を申し込む。訪問の際、お祈りメールの画面を見せ、終了後SNSに投稿すると「買取成立」となる。

「私も祈られ続けました。開き直ることも重要だと思っています」

松尾代表はプレスリリースで、「就職活動が長期化すると、就活中の大学生は電車代やカフェ代などの出費もバカにならない」とコメント。買い取り額の1万円で就活生を応援したい、という思いがあるという。

その上で、キャリコネニュースの取材に「内定がない状態で不採用通知の『お祈り』を数多く貰い続けると、自分が否定されているように感じたりする学生も多いはず」と話す。


「でも沢山内定が出ている学生とそうでない学生、入社以降どちらが優秀かはわかりません。就職は縁であり、すり合わせ。考え方を変えればいくらでも道は拓けるというメッセージを送りたくて始めました。『お祈りされたら逆に儲かるじゃん!』くらいの気持ちでいいと思うんです」

就活生が受け取った「お祈り」は、紙やデータで受け取ることはしない。「ちらっと見せてもらって、面白い文面のひとつでもあればいいなとは思っています」と語っていた。


「『お祈りメールを買い取って貰った』のSNS投稿を条件にしていますが、開き直ることも重要だと思い、あえてこうしています。私自身、就活でも前職の営業でも『お祈り』され続けました。もし当時の自分が『お祈り』も笑い飛ばせられる人間であったらもっと楽だったかもしれません。この企画が一助となればと考えています」

応募締切りは6月28日まで。12日現在、松尾代表へのOB訪問が1件入っているというが、まだ買い取りには至っていない。「お祈りメール」を受け取っている就活生は、買い取ってもらってはいかがだろう。


その「お祈りメール」1万円で買い取ります!OB訪問アプリ「OBトーク」が就活生応援キャンペーンを開始
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000029767.html

2018.6.12
キャリコネニュース
https://news.careerconnection.jp/?p=55206

【【就活生】東京のIT企業が「お祈りメール」を1万円で買い取るキャンペーン開始  「祈られたら『逆に儲かる』くらいの気持ちでいい」 】の続きを読む

このページのトップヘ