2ch就活まとめ

新卒・転職・社会人生活などを含め、就活・就職に関することをまとめてます。

企業・業界研究

1: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 10:46:55.49 ID:PaB/Hjmya
http://www.afpbb.com/articles/-/3163233?cx_position=17
<2019就活 最新動向>Vorkers「東大生1800人が選ぶ、就職注目企業ランキング」
1 株式会社野村総合研究所
2 アクセンチュア株式会社
3 三菱商事株式会社
4 マッキンゼー・アンド・カンパニー・インコーポレイテッド・ジャパン
5 野村證券株式会社
6 株式会社ボストンコンサルティンググループ
7 東京海上日動火災保険株式会社
8 ゴールドマン・サックス証券株式会社
9 シンプレクス株式会社
9 株式会社三菱総合研究所
11 デロイト トーマツ コンサルティング合同会社
12 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
13 日本アイ・ビー・エム株式会社(IBM)
14 PwCコンサルティング合同会社
15 株式会社三菱東京UFJ銀行
16 ソニー株式会社
16 株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)
18 三菱地所株式会社
19 伊藤忠商事株式会社
19 トヨタ自動車株式会社
19 株式会社日本政策投資銀行
22 株式会社電通
22 JPモルガン証券株式会社
24 モルガン・スタンレーMUFG証券株式会社
25 株式会社キーエンス
25 株式会社日立製作所
27 アビームコンサルティング株式会社
28 旭化成株式会社
29 アマゾンジャパン合同会社
29 東海旅客鉄道株式会社(JR東海)

【東大生が選ぶ注目企業ランキング。】の続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2018/02/15(木)21:15:05 ID:Xbz
1(遊) YKK
2(二) ロッテ
3(左) 竹中工務店
4(捕) サントリー
5(三) 東京メトロ
6(中) ヨドバシカメラ
7(右) アイリスオーヤマ
8(一) アパホテル
9(投) 日本生命

控え:JTB、今治造船、ジャパネットタカタ、メルカリ、JR北海道、JR四国、

そこそこの強力打線

【日本の非上場企業で打線組んだ】の続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/02/25(日) 18:45:28.81 ID:5CLyeYmx0
中国ハイテク企業のエンジニアで年俸1000万円以下はいない

2017年の採用市場では、中国の通信機器大手ファーウェイ(華為技術)が
日本で大卒エンジニアを「初任給40万円」で募集して話題を集めた。
ファーウェイ本社のエンジニアの初任給がいくらかといえば、日本円で月額約83万円。

要するに今やエンジニアの人件費は中国よりも日本のほうが圧倒的に格安で、
ファーウェイはバーゲン価格で募集をかけたわけだ。
中国人の半分の給料を「高給」と思って飛びつく日本の技術者。

一昔前はインドのエンジニアを使えば安いというイメージがあったが、
今やインドの優秀なエンジニアの初任給は大体年間1500万円。
当然、アメリカのシリコンバレーやサンフランシスコのベイエリアも、
エンジニアの初任給が平均15万~16万ドルになっている。
中堅エンジニアなら25万~30万ドルで引き抜かれる。

アマゾンのジェフ・ベゾスCEOが第2本社の設立計画を発表した。
第2本社で採用するのはマネジメント層とエンジニアを中心に最大5万人。
平均給与は年10万ドル(約1100万円)超というのだ。

このような世界的なエンジニアの「価格高騰」からまったく隔絶されているのが日本。
エンジニアも含めて日本人の給料はこの20年間、まったく上がっていない。
東芝でフラッシュメモリを発明した舛岡富士雄氏への報奨金はわずか数万円だったという。

近々、ファーウェイは中国勢で初めて日本に最新スマホの生産工場を新設するそうだが、
今後も給与レベルを引き上げて、ぜひとも日本の採用市場を引っかき回してもらいたい。
日本のエンジニアの給料、日本人の給与体系が
どれだけグローバルスタンダードとかけ離れているか、思い知らせてほしい。
http://president.jp/articles/-/24409?display=b

【【悲報】中国さん、うっかり新卒に初任給40万を渡してしまうw 】の続きを読む

1: 風船モコモコ ★ 2018/02/24(土) 19:00:27.62 ID:CAP_USER
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20180224-00000019-ann-bus_all
テレビ朝日系(ANN)

 3月1日から2019年度入社の就職活動が解禁となりますが、これまで学生の人気就職先ランキングで1位を続けていた「銀行」が初めて首位から陥落しました。

 24日、都内では700社ほどの企業と約2万人の学生が参加する大規模な就職活動イベントが開かれました。

 就活生:「売り手市場といわれると少しは楽な気持ちはあるが、自分の中は不安が大きいです」

 就活情報大手「ディスコ」が行った学生が希望する就職先アンケートによりますと、統計開始以来、8年連続で業界1位だった銀行が4位に下がり、代わりに流行りのAI(人工知能)などと結び付きが強い「情報・インターネットサービス」が初めてトップとなりました。

 キャリタスリサーチ・武井房子上席研究員:「金融業界で新規採用を少し抑制されるというような報道を見て、第一志望と考えていいのか少し変化があったように思います」

【【就職】人気就職先8年連続1位の「銀行」 初の首位陥落 】の続きを読む

このページのトップヘ