2ch就活まとめ

新卒・転職・社会人生活などを含め、就活・就職に関することをまとめてます。


sponsored links


    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 風吹けば名無し 2020/12/15(火) 14:02:10.51 ID:wcuEaRq/M
450万円

【社会人経験ゼロのワイ(32)が一年働いて得た年収】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 風吹けば名無し 2019/11/07(木) 11:57:07.14 ID:WgSZmqw1r
なんJ民ならどっち選ぶ?

【パナソニック株式会社と三菱電機株式会社、両方から内定貰ったと仮定して】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 風吹けば名無し 2018/10/18(木) 12:18:55.12 ID:toVHS6pc0
身体と心がどっち先に壊れるんやろな

【ワイ社畜、毎日会社に14時間以上いる模様】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)12:09:16 ID:rhD
俺が株持ってる会社が毎年律儀に配当と株主優待送ってくれて
当たり前のようにもらってたけど、よく考えたらなんで俺がもらえるんだ?
確かに俺は株を買ったけど、それってこの会社から直接かったわけでもなくて
売りに出した誰かから買った、いわば中古なわけじゃん
しかも俺が買った時、今より随分安かった。

これがマンガや小説だったら
俺「先生の作品は全部読んでます! ブックオフで安かったし」
お前ら「ありがとう。サイン入りの新刊あげよう」
こうはならないだろ

なんで俺がもらっていいの?

【株主優待とか配当金っておかしくね?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しさん@おーぷん 2018/04/29(日)15:15:17 ID:FR1
週休1日のブラック企業勤めでも務まる副業ないの

【なんか気軽に十万くらい稼げる副業ない?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 風吹けば名無し 2019/04/24(水) 14:47:03.93 ID:fyoPR6YAa
これ受かった?

【面接で社長に「いい目してんね」「目がビジネスマン」って言われたんやけど】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ノチラ ★ 2017/12/04(月) 13:32:12.14 ID:CAP_USER
「管理職になりたくない」という若手、中堅社員がここ数年で急速に増えています。

リクルートマネジメントソリューションズが3年おきに実施している「新人・若手の意識調査」によると、「管理職になりたい」および「どちらかといえばなりたい」と回答した肯定派の割合が減少し、2010年の新人では55.8%だったのが、2016年の新人では31.9%となっています。

しかも、この2016年の新人は、「管理職になりたくない」「どちらかといえばなりたくない」という否定派の割合が37.9%となり、本調査で初めて管理職になりたい人たちを上回る結果となっています。さらに、新人だけでなく、3年目の若手、7年目の中堅でも、管理職になりたくないという否定派が、肯定派を上回る結果になっています。

また、キャリアインデックスが2017年5月に実施した「有職者に向けた仕事に関する調査」では、管理職になりたくない人の割合は、20代男性は51.9%、30代男性は48.7%、さらに20代女性は83.1%、30代女性は84.2%と8割を超える結果になっています。

今の管理職の状況を見れば、若手や中堅が管理職になりたくないと思うのは当たり前でしょうか。彼らは甘えたことを言っているだけでしょうか。ミドルクラス以上のビジネスパーソンにとっては、放置できない問題と感じるかもしれません。

負担が嫌だから?

拙著『“誰も管理職になりたくない"時代だからこそ みんなでつなぐリーダーシップ』でも詳しく解説していますが、管理職になりたくない理由を若手・中堅世代に聞くと、「ストレスが増えるから」「責任が増えるから」「管理職に向いていないから」「ワーク・ライフ・バランスが大事なので」など、自分が大変になるからという回答が真っ先に返ってきます。

ところが、その背景にある理由をさらに深く聞くと、今の管理職やリーダーという存在に対する根本的な疑問、違和感が出てきます。

まず、管理職という役割自体への疑問です。そもそも仕事の専門性も多様性も進んでいる中で、上司がすべての業務に精通しているわけでもありません。だから、部下が困ってアドバイスを求めても適切な指示や助言が返ってこない。上司の言うとおりにしても、成果が上がるとも思えない。むしろ余計な管理やプレッシャーをかけてくるだけ。上司に存在価値を見いだせないというのが、1つ目の理由です。

同時に、若手・中堅は管理職の大変さも理解しています。役割があいまいになる中で、成果とリスクへのプレッシャーが高まり、細かな管理をしなければならなくなり、自分たちメンバー以上に余計なことに振り回され、業務負荷を掛けられていく。しかも、そうやって頑張っても金銭的にも時間的にも報われない。働き方改革も仕事の仕方が変わらなければ、部下がやりきれない仕事を引き受けなければならなくなる。

部下から見ると、今の管理職は厳しくなるビジネス環境のしわ寄せを一身に抱え込まされている存在に見えています。にもかかわらず、それに見合うだけの報酬を得られない。おカネという報酬だけでなく、管理職だからこその喜びや意義ある貢献という報酬が見えてこない。自分の生活を犠牲にしてまで、そんな負荷を背負う存在にはなりたくない。これが2つ目の理由です。

若手世代との価値観のギャップを埋められるか?

ただ、もう1つ、より根幹にある大きな理由があります。それは、若手世代が働くうえで重視している価値観、考え方が大きく変化しているということです。

先ほどのリクルートマネジメントソリューションズの「新人・若手の意識調査」によると、若手世代が働くうえで重視しているのは、「収入が安定している」「失業の心配がない」「健康の心配がない」といった安定・安心にかかわる項目。その次にくるのが、「仲間と楽しく働けること」。これが、若手世代が働くうえで重視する上位の4項目です。

逆に、下位2項目は「責任者として采配が振れること」「世間からもてはやされること」になっています。若手世代にとって、自分が上に立つ、自分が目立つことは、大切なことではないということです。

日本生産性本部が新入社員に毎年実施している「働くことの意識調査」でも、2003年以降から「働く目的」の最上位が「経済的に豊かになる」ことや「自分の能力をためす」という項目ではなく、「楽しい生活をしたい」となっています。人生を楽しく、充実していきたい。そのとき、何も上に立つこと、目立つことが、人生を楽しく生きることにつながるとは思えない。こうした意識が見えてきます。
http://toyokeizai.net/articles/-/199466

【【社会】20~30代が出世を望まなくなってきた本質 「わたし、管理職になりたくありません」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/28(火) 22:01:21.905 ID:LMqCUTVp0
少しくらい許してくださいよ……
低賃金労働者なんだし、誰に迷惑かけてるわけでもないやん

【先輩が副業バレてクビになった 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 風吹けば名無し 2018/03/14(水) 07:46:36.91 ID:7g9u4PRJ0
就活余裕やんけ

【【朗報】ワイ、2社から内定をもらう 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 風吹けば名無し 2021/01/25(月) 06:49:42.01 ID:GanWJaNS0
迷うよね

no title

【月収50万のつまらない仕事、月収30万の楽しい仕事、どっち選ぶ?】の続きを読む

sponsored links